ワキが臭う【そんなにクサイの?これワキガなの?】

ワキが臭う,ワキガ

初デートでいきなり「お前臭い」と言われた

クリアネオ
 ↑ ↑ ↑最後の最後で私のワキガを退治してくれたクリアネオ

春…誰もが待ちに待った季節。
私はこの季節が憂鬱でした。

気温が高くなってくると気になる自分の臭い。
電車やエレベーター。

楽しい季節なはずなのに、人と会うのも避けていました。

そうなんです。私、恥ずかしながらワキガだったのです。

しかも自分がワキガであると気づいたのは2年前。
ワキが臭う,ワキガ
自己紹介が遅れましたが、私は独身の27歳女子です。

医療品の小さな問屋に務めるOLです。

最後の彼が仙台に転勤になって自然消滅してから3年間、彼氏なし。

それが一昨年、出入りの営業マンから強引に食事に誘われ、そのままの流れで一夜を共にしました。

その時、私は奈落の底に落とされたのです。

彼は私の腋に顔をうずめると

「俺、大好きだった小学校の担任がワキガでさ。

それ以来、ワキガってだけで、好きになっちゃうんだよね」

私はショックのあまり言葉をなくしました。

どうにか心を落ち着け、恐る恐る彼に聴きました。

「それって、私がワキガってこと?」

その時の彼の凍りついた表情も一生忘れないでしょう。

「えっ?お前、まさか、自分がワキガだって知らずに今まで生きてきたの?」

彼の表情はそう物語っていました。

そういえば、思い当たることはいくつかありました。

高校時代、ハンドボールで県大会優勝メンバーに入ったこともあるんですが、
1年生の時にレギュラー入りした私を、2年生のレギュラー落ちした先輩たちが、これ見よがしに

「クサい、クサい」
ワキが臭う,ワキガ
と言っている時期がありました。

私は母に
「私ってクサいの?」

と聞きましたが、母は笑って
「そんなことあるわけないでしょ」
と言ってくれたので

「先輩たちはレギュラー落ちした腹いせに、嫌がらせをしてるだけなんだ。あ~、感じ悪い!」

と自分に言い聞かせていたのです。

それと、うちの会社は小さな雑居ビルに入っているんですが、そのエレベーターで乗り合わせる他の会社の社員の中に、数人、露骨に鼻を鳴らす人がいて(男2名・女1名)

「ずいぶんデリカシーのない人たちだな」

と、思っていました。

しかし、自分がワキガだとは25年間、全く気付いてなかったのです。

この日から、私は冬でも制汗剤を手放せない人間になりました。

夏場は腋汗パッドを常用し、常に袖のある下着を持ち歩き、出社時にトイレで下着を替え、暑い日にはお昼休みに下着を替え、退社時にも下着を替える念の入れよう。

(着替えた下着は3重のジップロックで厳重に保管)

合コンも断り、夏場の外出も避け、性格も一変。

大好きな父や母まで恨むような寂しい人間になっていました。

そんな私に、転機が訪れます。

これもやはり、オトコでした。

ワキガの手術は怖い・危ない

ワキが臭う,ワキガ
2年前、自分の臭いに気づかされ、傷ついた私はネットでワキガの手術について調べまくりました。
ただワキガ手術の内容や費用を読むにつれどうしても怖くなってしまいます。

ワキガ手術は様々で費用もかかりトラブルも多いことが事実のようでした。

ワキガの手術はいくつか種類があり、直視下手術法の剪除法は脇の下を3~5センチほど切開しアポクリン腺をひとつひとつ目で確認しながら取り除いていく方法です。

アポクリン腺を確実に除去するので効果の出方が比較的安定している手術ですが、脇の下にメスを入れる剪除法は目立つ跡になることもあり、手術後、シミのように色素沈着が残る場合もあります。

ドクターの個人差もありそうだし、費用も30万~50万というのも私には非現実的でした。

もう一つの方法は非直視下手術法で術後の傷跡を考慮している治療法ですがアポクリン腺が残ったり、再生する可能性もあります。

痛みもある上に、臭いが残るなんて私には絶対に無理でした。

また超音波吸引法は熱で幹線を破壊するため、火傷や皮膚壊死など合併症のリスクがあり、皮膚組織削除法ではカミソリ刃とローラを組み合わせた専用器具を使うのですがドクターの高い技術が求められ操作ミスで皮膚に穴が開いてしまうトラブルもあるようです。

高いお金を払って無臭にならず傷口のトラブルや再手術のリスクまであるなんてとんでもない!怖い!

ネットでワキガの手術の詳細を読みながら、思わず脇を締めている自分がいました。

手術以外の方法で、ワキガを治すしかない!

これが私の出した結論でした。

クリアネオ
最後の最後で私のワキガを退治してくれたクリアネオ ↑ ↑ ↑

クリアネオってどうなの?

ワキが臭う,ワキガ
「やっぱり私に手術は無理。塗るか飲むかの薬以外に選択肢はない」
と再びネットサーフィンをしているうちに、ブックマークしたクリアネオの公式サイトを何度も読むようになりました。
なぜかというと

「ワキガの人が1番欲しいニオイケア商品1位」

という点と

「マイナビウーマンのニオイケア特集で使用者継続率97%」

という宣伝文句。

そしてクリアネオの効果がワキガと足のニオイだけでなく制汗効果がある点。

それと金属アレルギーにもパッチテストで合格している点でした。

⇒クリアネオ公式サイトはコチラをクリック

実は私、異常なくらい汗をかく上に、金属アレルギーなんです。

しかも市販の制汗剤では汗や臭いが抑えられない、完全な多汗症レベルです。

そんな私が辿り着いたのがクリアネオでした。
ワキが臭う【そんなにクサイの?これワキガなの?】
ただクリアネオでネット検索すると

「クリアネオはまったく効かない」

「敏感肌の人には合わない」

「全然臭いがおさまらない」

などのネガティブな評判も多く、購入に悩みました。

そこでより詳しく成分やクチコミを調べてみたところ、クリアネオが効かないと言われてしまうのには理由がありました。

私と同じように購入を迷われている方は是非参考にしてみてください。

まず市販の制汗剤は一時的に冷気で汗を乾燥させます。

香料の入ったスプレーで汗の臭いをごまかすやり方です。

クリアネオの制汗のメカニズムはまったく違うアプローチ。

イソプロピルメチルフェノールで菌の繁殖を抑え、パラフェノールスルホン酸亜鉛で汗を整え、柿渋エキス(柿タンニン)で外側からのニオイを防ぐとのこと。

このイソプロピルメチルフェノールとパラフェノールスルホン酸亜鉛と柿渋エキス(柿タンニン)はネットで調べると、実際に菌の繁殖や制汗効果に効果があることが分かり一安心。

加えて一番心配な金属アレルギーもパッチテストで合格している。

ネガティブな口コミで購入を迷いましたが、とりあえず全額返金保証もあるので、お試し1本を単品で注文しました。

効果がなければ即返金してもらい、次を当たる必要があったのです。

理由は新しい男性の出現でした。

クリアネオ届きました。

ワキが臭う,ワキガ
数日後待ちに待ったクリアネオが届きました。
早速使ってみると白いしっとりとしたクリーム状で市販の制汗剤みたいな香りやスースーした感触がなく、あまりに刺激がなさ過ぎて不安になります。

やっぱり石鹸は泡立つ方がいいし、塗り薬も肌にピリピリ刺激があるくらいの方が、効く感じがしますよね。

その点、クリアネオはあまりに刺激がなさ過ぎて、拍子抜け。

が、使ってみると不思議なことに、すぐ臭いが気にならなくなりました。

その頃私は、自分のにおいに敏感になり過ぎて、少し神経症気味だったのです。

しかも塗り直すこともなく朝つけて夜まで効果が持続!12時間以上!

なぜなら、会社が入る雑居ビルで、無神経に鼻をクンクン鳴らす男×2・女×1と4人でエレベーターに乗り合わせたんですが、蒸し暑い6月初旬に、下着を替えなかったにもかかわらず、この3人が一度も鼻を鳴らさなかったのです。

そして一番心配だった金属アレルギー。ネックレスも肌荒れしてしまう金属アレルギーの私ですが、痒くなったりじんましんや湿疹などのトラブルも全くありません。

また永久保証制度もあり万が一トラブルがあった時も30日以内なら返金可能と安心です。

効かなかったり、金属アレルギーが少しでも出たら、即返金予定でしたが、使って一週間でお得なクリーム2本定期便に申し込みました。

クリアネオは天然成分でできているので全身に使えます。なので、この冬はブーツ着用時にクリアネオを足に塗っていましたが、ブーツを脱いだ時の嫌なニオイにドキドキ悩むこともないので、安心して彼氏の家に遊びに行く時もブーツを履いていけます。

これでニオイ対策ばっちり

今年もまた春が来ました。
去年までは憂鬱な季節だったけど、今の私にはクリアネオがあるから大丈夫。

就寝中に菌は繁殖しやすいので、夜寝る前に1プッシュを両手になじませ両脇に。

朝は左右の脇に1プッシュずつ付けて出社します。

エレベーターで露骨に鼻を鳴らされることもなくなり、春のレジャーも積極的に参加しています。

ノースリーブでオシャレも楽しめるし、足裏リフレやネイルサロンでフットネイルも楽しめちゃいます!気になる冬のブーツも、足指にワンプッシュでOK。

汗とニオイ対策で女子力までアップした感じです。

そうそうワキガだった頃は、一気に恋にも消極的になってしまいましたが、昨年春に入社した同じ会社の気になる年下の彼に、自分から告白し、なんと両想いになれたんです。

ニオイが気にならなくなった私は自分に自信が持つことができました。

彼のお家に安心してあがることもできるし、腕が出るウエディングドレスも堂々と着れちゃうよ!←早いって!

クリアネオ
↑↑↑クリアネオ公式サイトは上記バナーをクリックしてください。↑↑↑